岡村 秀夫  Hideo OKAMURA

略 歴

1969年神奈川県生まれ。関西育ち。
京都大学経済学部卒業、京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)。
財団法人日本証券経済研究所大阪研究所研究員、関西大学経済学部専任講師、関西学院大学商学部専任講師、同助教授、オックスフォード大学客員研究員(2005-2007年)を経て、2008年より関西学院大学商学部教授。
また、2017年より公益財団法人日本証券経済研究所客員研究員も務める。

担当科目(2020年度)

-学 部-

ファイナンス論 企業金融論 ファイナンス入門

商学演習(1年生) 研究演習Ⅰ(3年生) 研究演習Ⅱ(4年生)

 

-大学院-

ファイナンス論特殊講義(博士前期課程)

コーポレート・ファイナンス論特殊講義(博士前期課程)

研究指導(博士後期課程)

研究分野

金融論、証券論。

主に新規公開(IPO)、中小企業金融、コーポレートガバナンス等

に関する実証研究を行っている。

所属学会 

証券経済学会(常務理事)、日本金融学会(関西部会代表幹事)、

日本経営財務研究学会、日本ファイナンス学会、日本経済学会  

主な著書等

​岡村秀夫(2013)

『日本の新規公開市場』

東洋経済新報社

​岡村秀夫・​田中敦・

野間敏克・播磨谷浩三・藤原賢哉(2005)

『金融システム論』有斐閣コンパクト

​岡村秀夫・田中敦・野間敏克・

播磨谷浩三・藤原賢哉(2017)

『金融の仕組みと働き』有斐閣ブックス

​証券経営研究会(2018)

『変貌する金融と証券業』

日本証券経済研究所

榊原茂樹・城下賢吾・

姜喜永・福田司文・​岡村秀夫(2013)

『入門証券論 第3版』有斐閣コンパクト

​証券経営研究会(2015)

資本市場の変貌と証券ビジネス』

​日本証券経済研究所

​橘木俊詔編(2007)

『日本経済の実証分析:失われた10年を

乗り越えて』東洋経済新報社

​岡東務・松尾順介(2003)

『現代社債市場分析』

​シグマベイズキャピタル

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル